夏のガーデニング

サンパラソルの挿し木の時期はいつが最適?簡単な挿し木の方法と上手な育て方も紹介!

サンパラソルの花

「サンパラソル」と聞いて、すぐピンと来る人はガーデニング好き、お花ガ好きな人です。
そうではなくても、“サントリーフラワーズ”の苗と聞けば、女性なら思い当る人が多いはずです。

3月~4月のこの時期は、サントリーフラワーズの大きな広告が、新聞の紙面を飾り、女性の購買意欲を掻き立てます。

サントリーフラワーズで有名なのは、安価で扱いが簡単、色や品種が多いペチュニアやサフィニアが有名ですが、挿し木で増やせることはあまり知られていないかもしれないですね。

Ponny
Ponny
そこで今回は、サンパラソルの挿し木の時期はいつが最適?簡単な方法や、上手な育て方も紹介!と題してご紹介していくので参考にしてくださいね!

サンパラソルの挿し木の時期はいつが最適?

サンパラソルの花サンパラソルの挿し木の時期はいつが最適なのかと言うと、挿し木をするのに適切な時期は、苗が触れる外気温が20℃~25℃くらいとなる5月~9月頃です。

新芽を多く伸ばし、苗の成長の勢いがある時期が最適です。

「サンパラソル」は、同じくサントリーフラワーズが品種改良を手掛けた「マンデビラ」の園芸種です。マンデビラは、キョウチクトウ科、メキシコ~アルゼンチン原産のつる性の植物です。

日本の街路樹としてよく使用されているキョウチクトウ同様に、硬めの葉脈がはっきりとした葉に似た特徴があり、背高く繁り、目立つ花を数多く咲かせる姿が印象的です。

既にペチュニアやサフィニアで試された人も多いかもしれません。
生命力旺盛なサンパラレルも、挿し木で増やすことが比較的容易とされています。

サンパラソルの挿し木の方法

サンパラソルの花サンパラソルの挿し木の方法は、新芽の茎枝を5cmほど切り取り、大きな葉や最小限の葉を残して挿し木とします。

挿し木の際の注意がいくつかあります。

サンパソルは園芸品種ですが、原種のマンデビラ同様切り口から乳白色の樹液が染み出します。

これはキョウチクトウ科および多くの植物に見られるアルカロイドという有毒物質が含まれているため、直接肌にふれるとかぶれる可能性があります。

サンパラソルの挿し木がいくら容易であるとは言っても、成功率はそう高くはありません。
挿し木をする際には、複数の新芽を選定して植え付けをする必要があります。

サンパラソルの挿し木の成功を高めるポイント

サンパラソルの挿し木の成功率を高めるために、枝の切り口の乳液の樹液を拭きとるか綺麗に水で洗い流すかしたあと、挿し木用の発根促進剤を使用します。

発根促進剤は、ホームセンターの園芸用品店で購入することができ、使い方も、枝の切り口に直接まぶす、水に溶かして使用など色々あります。

使用しなくても、数打てば当たる形式で、枝のせん定をした際に、多数・複数の挿し木を試みても良いかもしれません。

サンパラソルの挿し木を指す土壌は、赤玉やパーミュライトの清潔で保水性の良い土や、ロックウールなどの人工繊維がおすすめです。

植物も、人間同様傷口から細菌感染して細胞組織を傷めてしまうので、衛生的なやり方で、直射日光を避け、半日蔭場所に置き、水分を絶やさないようして、弱った苗をいたわるように扱います。

サンパラソルの種類

サンパラソルの花サンパラソルの種類は大きく分けて3タイプあります。

1.サンパラソル:7~8㎝の花、1.5m以下でベランダや玄関先に最適なサイズです。

2.サンパラソルビューティー:7~8㎝の花をつけ、サンパラソルと似ていますが、全長2m前後とやや大振りに育ち、支柱を使い立体的に見せるのに向いています。

3.サンパラソルジャイアント:10~11cmの花をつけ全長3mほどと大きく育つため、垣根やアーチ、緑のカーテンとして使用します。

サンパラソルを小とすると、ビューティーは中サイズ、ジャイアントは大サイズです。
サンパラソルジャイアントは、花も葉も原種に近く大きく立派で野性的な印象です。

サンパラソルはツル性の植物

サンパラソルのいづれの種類も、支柱を複数鉢にさして添えると、つる性の枝を絡ませて上方へ高く伸びて育っていきます。このあたりの風景が、ペチュニア、サフィニアとは違う景色や窓際の風景を彩るのが特徴です。

サントリーフラワーズの苗で扱う、花色のラインナップは、クリムゾン(濃赤)、クリアホワイト(ピュアホワイト)、ルージュ(ネオンカラーのピンク)、ミルキーピンク(白×淡いピンクミックス)、スカーレット(ブライトレッド)、アプリコット(黄みがかった乳白系)等です。

いづれも、亜熱帯~熱帯原産の情熱的な艶やかな赤やネオンカラーのピンク、爽やかなホワイトと人気の色です。

銀座や横浜の街路を彩る植え込みの花としてよく見かける、活躍中の花です。

サンパラソルの上手な育て方

サンパラソルの花サンパラソルは南米原産といっても、大きな木が密集し、日陰も多い土地に生育してきた植物であったサンパラソルは、日本の強い真夏の日差しにも耐えられるよう品種改良がされています。

基本的に、半日以上直射日光が当たる野外に置き、鉢の土が乾燥したら、たっぷりとした水分を与えるのが秘訣です。

常に水を与え続けていると、根腐れの原因となってしまいます。

熱帯雨林のジャングルは、日中は強い日差しを受けて乾燥ぎみですが、スコールなどで、一時的に多くの水分を受けます。そのような環境で植物が成長していることが、サンパラソルを育てるヒントです。

サンパラソルの植え替え方法

サンパラソルは、大きく成長し根も大きく張るため、春先の苗の勢いがあるころに、深い鉢に植え付けします。

つる性の植物のため、支柱を立て、上方向だけでなく、左右・下方向にも分岐させて誘導すると、花付きが良くなります。つるはあまり剪定せず、反時計回りに絡めていきます。

肥料に関しては、植え付け1か月後から追肥の置肥をし始めます。約1か月に1回のペースで、液肥も併用すると花をよく咲かせます。

花が咲き始めたら、咲き終わった花を花茎からつみ取ります。清潔なハサミでこまめにカットしていくと、病気やカビの発生を防ぎ、新しい花をつけやすくなります。

サンパラソルは、販売元であるサントリーフラワーズでは、1年草と扱うようにされていますが、気温が低くなる晩秋には剪定して株をコンパクトにし、室内に取り込み、日当たりの良い場所で越冬させることも可能です。

温かくなった春に、新しい土に取り換え、植え替えをします。

まとめ

サンパラソルの花今回の記事では、サンパラソルの挿し木の時期はいつが最適?簡単な挿し木の方法と上手な育て方も紹介してきました。

鮮やかで可愛らしい花を沢山つけて楽しませてくれるサンパラソル。挿し木で増やすことができる品種ではありますが、挿し木をする時期や方法など幾つか気をつける点がありましたね。

是非、こちらの記事を参考にお気に入りのサンパラソルを適切な時期に挿し木にして増やしてみて下さいね!