デュランタの剪定時期はいつ?剪定方法・植え替えの方法も紹介!

デュランタは生長旺盛な植物です。生育環境を整えてあげると、勢い良く枝や根を伸ばし、どんどん育っていきます。

その特徴を活かして、熱帯地方では、デュランタを生垣に利用することもあります。日本でも、沖縄でそういった光景が見られることもありますね。

枝や根の生長が良いということは、適切な時期での剪定や植え替えが欠かせないとも言えます。時期や方法など、適切な剪定を行いたいですよね。

これから、デュランタの剪定時期はいつ?剪定方法・植え替えの方法について、ご紹介していきます。

目次

デュランタの剪定時期はいつ?

デュランタの剪定時期はいつなのか、目的に応じて3つのタイミングでの剪定があります。

①生育期間中に適宜(春〜秋)
②生育期間の前後(春先、冬前)
③花が咲き終わった後

の3つの時期です。
いつの時期の剪定なのかで、目的と方法が異なります。

①生育期間中に適宜(春〜秋)

生育期間中のいつ頃かというと、適宜となります。デュランタの枝の伸び具合を見て、行います。剪定の目的は、好みの形に整えることです。

デュランタは、生長の勢いが良い植物です。生育期間中は、どんどん枝が伸びていき、樹形が乱れることもあります。

この時期に深く剪定すると、花つきが悪くなります。切り過ぎには注意です。

②生育期間の前後(春先、もしくは冬前)

デュランタの生長と、暑さ寒さが落ち着いている時期に行う剪定です。
剪定の目的は、これも翌春に備えて形を整えることです。

大きくなりすぎた株を整えるため、枯れた枝、混み合った枝、長く伸びすぎた枝を間引きます。生育期間中と異なり、枝の付け根から切る、強い剪定です。

③花が咲き終わった後

一つ一つの花の咲き終わりに、花がらを摘む剪定です。

剪定の目的は、次の花を咲かせるためと、花つきを増やすことです。
花のすぐ下を、少し切ります。

剪定をせずにいると、実がつき、同じ年にはもう花は咲きません。デュランタの花は、その年に伸びた、長い枝の先に咲きます。切り過ぎると、むしろ花はつかなくなります。

デュランタの剪定後の管理方法

デュランタデュランタの剪定には、目的に応じた3つのタイミングでの剪定がありました。

それぞれの、剪定後に必要な管理方法について、解説します。

①生育期間中に適宜(春〜秋)

目的はデュランタの形を整えるためでした。剪定後の管理として、特別なことは必要ありません。デュランタの通常の、生育期間中の管理を引き続き行いましょう。

ただし、窒素分の多い肥料は与えないようにします。葉ばかり茂って、花もつかなくなります。

②生育期間の前後(冬前、もしくは春先)

枝の根元から切る、強い剪定でした。デュランタは強剪定の後、勢いの強い枝が生えることがあり、このような枝をシュートと言います。

シュートは花つきも悪く、不恰好になりがちです。

株全体の勢いが弱い、形を整えるのに利用したい場合は、シュートをそのままにしても構いませんが、もし生育期前後でも強剪定でシュートが生えたら、また根元から切ることをおすすめします。

③花が咲き終わった後

花つきを良くすること、次の花を咲かせることが目的の剪定です。

この剪定の後に、液体肥料を追肥をすると、効果を増すことができます。特にリンの成分が多い液体肥料が効果的です。

2ヶ月に1回のペースでの緩効性肥料に加えて、花の時期には1〜2週間に1回程度、液体肥料を与えます。花後の剪定とタイミングを合わせると良いでしょう。

デュランタの植え替え方法

デュランタ生長が活発なデュランタは、枝ばかりでなく、根の伸びも早い植物です。鉢植えでデュランタを育てる場合、根詰まりを起こさないために、植え替えが必要です。

根詰まりになると、葉が根元から枯れ始めるなど、様々な生育不良を起こします。

地植えの場合は不要ですが、鉢植えのデュランタを育てる時は、植え替えは必ず行う作業です。

具体的な方法について、解説します。

一回り大きな鉢と、新しい清潔な土を用意!

デュランタの植え替えにおすすめの土は、小粒赤玉土7割、腐葉土3割で配合したものです。

小粒赤玉土の割合を6割にして、川砂1割を加えるのも、水はけが良くなります。

鉢の半分程まで新しい土を入れたら、デュランタの株を移します。根についてる古い土は、軽く落とします。デュランタの根鉢はある程度、崩しても大丈夫です。

傷んだ根と、長めの根も少し切ると良いでしょう。根を3分の1ほどカットすると、デュランタの生長を抑えられます。

植え替え前と同じサイズの鉢を使いたいなど、あまり大きくしたくない場合には有効です。

ここまでが植え替えの方法でした。次に、頻度や時期について、解説します。

デュランタの植え替えの頻度

植え替えの頻度としては、1〜2年に一回、もしくは毎年です。判断方法としては、鉢の底を見て、根が出ているかどうかです。

植え替えに適している時期は、4月〜5月です。

気温が十分暖かく、そして暑さと生育期が本格的になる前に、済ませてしまいます。

デュランタの増やし方

デュランタデュランタの増やし方として、挿し木、もしくは実生で増やすことが出来ます。

多くの植物と同じように、挿し木の方が、よりやり易いですが、丈夫さが特徴のデュランタは、どちらの増やし方でも、比較的成功しやすいようです。

いずれの増やし方でも、時期としては春から秋にかけて可能ですが、
真夏や梅雨時は避けると良いでしょう。

それぞれの増やし方について、解説します。

・挿し木

デュランタの挿し木の仕方は、多くの植物の場合と同じです。

デュランタの枝で、新しく伸びた枝を選び、先端を2〜3節ほどカットします。切り口を斜めにすると、水を吸い上げる量を増やせます。

葉は、上部分2〜3枚を残して、下についているのは全て取り除きます。切り口を水に30分程つけて、水揚げをします。

その後、土に挿します。土でおすすめなのは、バーミキュライトや鹿沼土です。明るい日陰で管理すると、2ヶ月程度で発根します。肥料は不要ですが、水切れには注意しましょう。

・実生

デュランタの種を蒔いて増やす方法です。咲き終わった花を、剪定せずにつけていると、果実をつけます。果実から種を取り出して、使用する方法です。

種を採るタイミングは、果実が黄色、またはオレンジに熟した後です。
水洗いした種を、小粒赤玉土などにまきます。

土を種が見えなくなる程度に覆い被せ、乾かさないように管理すると、
一ヶ月程で発根します。

まとめ

以上、デュランタの剪定時期はいつ?剪定方法・植え替えの方法も紹介!の記事でした。

デュランタは生長旺盛で丈夫な植物です。生長の良さ、丈夫さは育てやすさでもありますし、そのために、長くきちんと育てるためには、剪定と植え替えは欠かせない植物です。

デュランタの剪定時期は、主に3種類に分類されます。時期ごとにそれぞれ目的が異なります。時期ごとに適切な剪定をすることで、デュランタの形を綺麗に整えたり、花もよく咲かせることが出来るようになります。

こまめな剪定は手間かもしれませんが、愛着が増すきっかけになるかもしれませんね。

目次
閉じる