ブーゲンビリアの葉が落ちる原因は?対処法と枯れるのを防ぐポイント

色鮮やかな花と、つややかに生い茂る、緑色の葉をつけるブーゲンビリアは、常夏ムードがとても良く感じられる植物のひとつですね。

そんなブーゲンビリアですが、葉が落ちることがあるようです。葉が落ちると、今の手入れの仕方を続けても大丈夫か、何か対処すべきなのかと、不安に思いますよね。

では一体、ブーゲンビリアの葉が落ちるのは、どんな時で、何が原因なのでしょうか。

これから、ブーゲンビリアの葉が落ちる原因は?対処法と枯れるのを防ぐポイントと一緒に、解説します!

目次

ブーゲンビリアの葉が落ちる原因は?

ブーゲンビリアの葉が落ちる原因としては、主に次の3つが考えられます。
①根詰まり、②日照不足、③寒さ、となります。

どれもそのままにしていると、いずれ枯れてしまう恐れがあります。それぞれについて、詳細を解説していきます。

①根詰まり

ブーゲンビリアは根がどんどん伸びていく、生長旺盛な植物です。下に真っ直ぐ根を伸ばしていく性質を持っています。

そのため、鉢植えで育てている場合、根で鉢がいっぱいになり詰まってしまう、根詰まりという状態になります。根詰まりの状態のまま放置していると、花が落ちたり、葉まで落ちるようになってしまいます。

地植えや大きな鉢へ植えると、根詰まりの心配はありませんが、根の生長が良すぎると、
今後は花が咲かなくなってしまうという性質があります。

②日照不足

熱帯地方原産のブーゲンビリアは、日光がとても好きな植物です。
育てるためには、何よりも日光が大切です。

日当たりが足りず、日照不足になれば、花や蕾、葉が落ちるなど、様々な生育不良が起こる原因になります。

③寒さ

気温が10℃を下回ると、自然現象として落葉が始まります。

本来、ブーゲンビリアは常緑の植物ですが、原産地よりも寒い日本では、低温により葉が落ちるようになるのです。

寒さで葉が落ちるだけなら心配いりませんが、気温5℃を切ってそのままだと、枯れてしまう恐れがあります。

ブーゲンビリアの葉が落ちる時の対処法

ブーゲンビリアブーゲンビリアの葉が落ちる時、原因ごとの対処法は、
①植え替え(根詰まりの解消)、②日照時間の確保です。

寒さによる落葉は、それ自体は心配いりませんが、更なる寒さは枯死を招くので備えが必要です。そちらについては次の章で、冬場の管理方法として、詳しく解説します。

①植え替え(根詰まりの解消)

ブーゲンビリアの鉢の底を見て、根が出ていれば、植え替えのタイミングです。

頻度は、2~3年に一回程の間隔です。毎年だと、根の生長が優先されて花がつかなくなります。4月~5月頃が、作業の適期です。花やつぼみがつく前に、済ませてしまいましょう。

もしそれ以降、根詰まりが確認されたら、次の春まで待つ猶予はありません。暑さとブーゲンビリアの生長が落ち着いた、9月頃に行いましょう。

今の鉢よりも、一回り大きなサイズの鉢を用意して、根鉢を崩さないようにして、
そのまま移し替えます。

鉢が大きいと、根の生長ばかり優先されて、花がつかなくなります。植え替えの手間があっても、一回りか二回り程度の大きさの鉢にしておきます。

②日照時間の確保

4時間以上は、日照時間を確保します。熱帯地方原産のブーゲンビリアは、育つために日光がとても大切です。

生育期間中の春から秋にかけては、鉢植えでも、屋外で育てることをおすすめします。

ただし、真夏の盛りの直射日光、特に西日は苦手です。午前中の光が当たる場所に移動する、もしくは西日が当たらないように日除けをしましょう。

ブーゲンビリアが枯れるのを防ぐポイント

ブーゲンビリアブーゲンビリアが枯れる原因は主に2つで、冬場の寒さ、そして根腐れです。

枯れるのを防ぐための、冬場の管理方法と、根腐れ対策について、説明します。

①冬場の管理方法

枯れるのを防ぐには、冬でも5℃以上は確保したいところです。気温10℃を下回ると落葉し、0℃を下回れば枯れてしまいます。

鉢植えの場合、屋外よりも室内での管理をおすすめします。窓際など日当たりの良い場所に置きましょう。

地植えの場合、冬越し可能なのは、関東よりも西、冬でも温暖な地域限定です。霜が降りない場所を選びましょう。株元へのマルチングが効果的です。

水やりは、生育期以上に土の表面がしっかり乾いた後です。天気の良い日を選んで、午前中に水やりします。頻度は控えめでも、量はたっぷり与えます。肥料は不要です。

②根腐れ

ブーゲンビリアは乾燥を好むので、水やり頻度を控えめにすることです。枯れるのを防ぐためには、水切れもですが、過湿による根腐れに、より注意が必要です。

基本的には、土の表面がしっかり乾き、葉が少々しおれるまで控えます。朝の水やりがベストです。花の時期と、冬はさらに控えめにします。特に冬は根腐れとなりやすいです。

水の量は、どの時期でも、鉢底から流れる程しっかり与えます。鉢皿に水が残ると、根腐れの原因になるので、忘れず捨てるようにしましょう。

地植えならば、水やりは降雨で十分です。

ブーゲンビリアの上手な育て方

ブーゲンビリアブーゲンビリアが好むのは日当たりと乾燥、嫌うのは寒さと加湿、それから場所移動です。花を咲かせるには、葉、茎、根の生長を抑えることと、乾燥と湿気の差が必要です。

これらの特徴から、好みの場所から動かさないこと、基本的に水と肥料は控えめに、定期的な植え替えや根切りが必要です。水やりについては、前章で説明しているので、それ以外についてを一通り、ご説明します。

・置き場所、植え場所

移動が苦手です。好みの場所を見つけるか、作り出したら、動かさないことが大事です。

4時間以上は日照時間が必要なので、屋外がおすすめです。ただし真夏の西日を避ける対策は必要です。寒さは苦手なので、地植えなら、冬場でも気温5℃以上という条件が必要です。

小さめの鉢で、根の生育範囲を制限すると、花付きが良くなります。

植え付けは4月5月、気温20度以上の日がおすすめです。

・肥料

生育期に、緩効性の固形肥料を2ヶ月に1度与える程度で十分です。

・剪定

花が終わったら、2~3節残して切り詰めると、新しい枝に花芽をつけます。
ブーゲンビリアの習性として、短い枝の先に、花を咲かせます。

・植え替え、根切り

根詰まり防止のために、2~3年に1回、一回り大きな鉢へ植え替えが必要です。移動の負担を軽くするため、根鉢を崩さず、4月、5月の暖かい時期に行います。

地植えの場合でも、花付きを良くするために、根切りをすると良いです。

まとめ

以上、ブーゲンビリアの葉が落ちる原因は?対処法と枯れるのを防ぐポイントについての、解説でした。

ブーゲンビリアは元々は常緑植物です。それでも、手入れの仕方と、原産地にはない寒さで、葉が落ちることがあります。

葉が落ちる時は、ブーゲンビリアがダメージを受けているサインです。原因をそのまま放置していると、枯れてしまいます。

枯れる前に対処することで、葉が落ちても、また元気になってくれます。
いつまでも元気なブーゲンビリアと過ごす時間を楽しめるよう、お役立てれば何よりです。

 

目次
閉じる