エンタメ

木下レオンのほくろ占いは顔のどこで占う?当たるって本当?

占いが当たる!と有名な木下レオンさんですが、数々の占いの中でもほくろ占い、特に顔のほくろから占うのが得意なようです。

顔のほくろ占いと言ってもおでこ~顎まで色々な部位があるので、木下レオンさんのほくろ占いは顔のどの部位で占うのか?気になりますよね。

そこで、今回の記事では木下レオンのほくろ占いは顔のどこで占う?当たるって本当?と題しまして詳しく調べたのでご紹介していきます。

木下レオンのほくろ占いは顔のどこで占う?

https://twitter.com/reon358/status/1379573102703648768?s=20

早速ですが木下レオンさんのほくろ占いは、顔の色々なパーツにあるほくろから占っていくことができます。

顔のほくろも手相と同じように、その位置によって運勢などの占いをすることができるとか…。

また、ほくろが顔のどの位置にあるかによってもいいほくろ、悪いほくろと別れているそうです。

たかが顔のほくろ、と思っていたのですが、木下レオンさんいわくとても大事な占いの1つだそうですよ。

その理由として、ほくろには大きく分けて2つの種類があるからです。

①生きぼくろ→いい運気を持っているほくろ。
艶がある真っ黒なまんまるなほくろで、ほどよく盛り上がっている健康的なほくろ。

②死にぼくろ→悪い運気をもっているほくろ。
生きぼくろと相反して艶がなく茶色、形がいびつで平らで盛り上がりがないほくろ。

木下レオンさんのほくろ占いでは、顔のどの位置にこの2つのほくろがあるか?で運勢を占っていきます。

木下レオンさんの顔のほくろ占い(口元)

まずご紹介するのが、木下レオンさんのほくろ占いの中でも顔のパーツとして気になる口元のほくろ占い。

口元にほくろがあって嫌だな…と思っている人も多いと思うのですが、口元のほくろは恋愛運や金運、仕事運など運気の良さをあらわす顔の中でも幸運のほくろだそうです。

特に、先程ご紹介した艶のあってふっくら盛り上がっている「生きぼくろ」が左側の口元にあると、更にラッキー!

生涯生活に困ることはないという木下レオンさんの占いの中でも運気の良さをあらわすほくろのようですよ♪

木下レオンさんの顔のほくろ占い(あご周り)

続きて木下レオンさんの顔のほくろ占いでも気になるあご周り。結構顎にほくろがある人も多いですよね。

あご部分にあるほくろは、人に指図するのが好きなタイプという占い結果が出やすく「命令ぼくろ」とい言われているそうです。

ワンマンタイプで知らず知らずのうちにマウントを撮ってしまっていたり…という人はあ顎にほくろがある人が多いそうですよ。

ことわざでも「人を顎で使う」というものがありますが、顔のほくろ占いでも同じことが言えるということですね。

木下レオンさんの顔のほくろ占い(目元)

目のほくろの代表格と言えば、涙ぼくろのほくろですよね。顔のこの位置にほくろがある人は、恋愛的欲求が強いそうです。

また、目尻にほくろがある場合は、異性トラブルに会いやすい傾向にあるそうです。ここのほくろが生きぼくろならまだいいのですが、死にぼくろの場合は、生涯異性問題で悩まされることもあるそうですよ…

木下レオンさんによると、この他にも顔の色々な位置によってほくろの持ついい見合い・運勢が異なるそうですよ。

鏡を見てご自身のかおのほくろの位置を確認しながら、占ってみてくださいね!

木下レオンのほくろ占い<顔>は当たるって本当?

さて、気になるのは木下レオンさんのほくろ占い、特に顔のほくろ占いは当たるのか?ということですよね。

Twitterで木下レオンさんの顔のほくろ占いについて調べてみた所、当たってる!!というTweetがとても多かったですね。

こんな動画も見つけましたよ!

やはり、ほくろは顔のどの位置にあるかによって運勢は変わってくる。また、生きぼくろと死にぼくろのどっちなのか?によっても大きく意味合いは異なってくるということですね。

木下レオンさんのほくろ占いは、顔以外にも色々な体の部位で占うことができるので、別の機会にご紹介したいと思います♪

まとめ

今回の記事では、木下レオンのほくろ占いは顔のどこで占う?当たるって本当?と第してご紹介してきました。

ほくろには2つの種類があって、どちらのほくろが顔のどの位置にあるか?によって運勢を占うことができるようです。

①生きぼくろ→いい運気を持っているほくろ。
艶がある真っ黒なまんまるなほくろで、ほどよく盛り上がっている健康的なほくろ。

②死にぼくろ→悪い運気をもっているほくろ。
生きぼくろと相反して艶がなく茶色、形がいびつで平らで盛り上がりがないほくろ。

ぜひ、今回の記事を参考に自分の顔のどこにほくろがあるかを確認して占ってみてくださいね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。