代用品

クーベルチュールチョコレートの代用品に板チョコは使える?ミルク・スイートどっちがいい?

チョコレート系スイーツを作る時、よく耳にするのが「クーベルチュールチョコレート」。
普通のチョコレートとどう違うのかしら・・・。調べてみると、実にたくさんの種類が出てきますし、ちょっと買いづらいですよね。

気軽に作ってみたいけれど、わざわざ探して買いに行かなければいけないとなると大変です。もっと身近に手に入りやすいもの、例えば「板チョコ」ではだめなのでしょうか?

我が家も、バレンタインなどの時期になると材料としてチョコレートは必須。また、板チョコであれば、手に入れやすいですし助かります。

今回は、クーベルチュールチョコレートの代用に板チョコって使えるの?についてご紹介しますよ。

Ponny
Ponny
板チョコを使うのなら、ミルク・スイートどちらがいいのかや、使う時の注意点はあるのかも一緒に見ていきましょう。

クーベルチュールチョコレートの代用品に板チョコは使える?

「クーベルチュールチョコレート」ってそもそも何でしょう?
日本では「製菓用チョコレート」と呼ばれ、お菓子のコーティングを目的としたもので、クーベルチュールチョコレートと呼ばれるのは、高品質の基準をクリアしたものだけなんです。

「高品質」である国際基準
■総カカオ固形分が35%以上であること。
■カカオバター31%以上であること。
■無脂カカオ固形分が2.5%以上であること。
■カカオバター以外は使ってはいけない。

普通のチョコレートよりも脂肪分も多い上に、溶けた際にはサラサラになるので、お菓子のコーティングもしやすくなり、美味しいチョコレート系スイーツになるのです。

では、「板チョコ」は、クーベルチュールチョコレートの代用になるのでしょうか。
クーベルチュールチョコレートって少しお高いんですよね。板チョコであれば、お財布にも優しいですし手にも入りやすいので助かります。

板チョコは「食べるため」のチョコレートなので、カカオバター以外のものが含まれているものも多いです。まったく同じようにとはいきませんが、板チョコは代用として使う事ができますよ。

ただし、生チョコレートなどの様に溶かして使う場合は注意も必要ですので後程ご紹介しますね。

SponserdLinlk











板チョコを代用品とするときにミルク・スイートどっちがいい?

では、板チョコであればなんでも代用OKなのでしょうか?一口に板チョコ、といっても種類がありますよね。

私たちがよく手にすることが多いのは、「ミルク」や「スイート」の2種類ではないでしょうか。

さて、ミルクとスイート、どう違うのでしょう?この違いは、カカオマスとカカオバター、そして糖分の比率で変わってくるんです。

「ミルク」チョコレートは、カカオマス+カカオバター+糖分+乳成分が含まれます。
「スイート」チョコレートは、カカオマス+カカオバター+糖分が含まれたものです。

ちなみに、「ホワイト」チョコレートの場合は、カカオバター+糖分+乳成分で出来ているんですよ。

味わいも違いがあり、ミルクがほろ苦さの中にも乳成分のおかげでマイルドな味。スイートは、ほろ苦さも感じる大人の味です。

カカオマス含有量の多いものが〇

もしも、クーベルチュールチョコレートの代用として使うのであればカカオマス含有量の多いもの、スイートが向いています。

最近では、カカオマス含有量が高いものも販売されていますので、もしも、板チョコを代用する場合はカカオマスがどの位含まれているかなとチェックしてみてくださいね。

ちょっとほろ苦いのが苦手だな、という方はカカオマス含有量が少ない物を選んでもいいですね。

SponserdLinlk











板チョコをクーベルチュールチョコレート代用品にする時の注意点

板チョコをクーベルチュールチョコレートの代用として使う場合、いくつか気を付けてもらいたいことがあり、そのポイントは次の3つあります。

ポイントその➀ 「テンパリング」は必須!

テンパリングとは、「温度調整」のことです。板チョコをそのまま溶かして固めてしまうと、「ブルーム」という白い粉がでてしまい、味わいも見た目も悪くなるんです。

このテンパリングをしっかり行う事で、なめらかで口当たりも、見た目もよくなります。

テンパリングのポイントは、ずばり「温度」管理。

➀湯煎の温度は、「50~60℃」がベスト。
➁チョコレートが溶けた後は、「15℃前後の水」でチョコレートの温度を2℃程下げます。
➂もう一度、➀と同じ温度の湯煎にかけ、チョコレートを2℃上げます。

とても細かいので、温度計があればいいですね。

ポイントその➁ 使うチョコレートは「同じメーカーで統一」!

チョコレートは、各メーカーによってカカオバターなどの含有量が違うのです。そのため、色々なメーカーのものを混ぜてしまうと失敗の原因にも。

数枚使用時は、できるだけ同じメーカーで統一をしましょう。

ポイントその➂ 「極端に安い」チョコレートはNG!

極端に安価なチョコレートは、単価を下げるためにカカオマス以外のものが多く含まれているものも多いんです。そのため、うまく溶けないなどの原因にもなります。

まとめ


クーベルチュールチョコレートの代用として、板チョコは使えるのか?をご紹介しましたが、いかがでしたか?

より美味しいスイーツを作るのであれば、クーベルチュールチョコレートを使いたいところ。ですが、今すぐ作りたい時や初めてチャレンジする時、手に入りやすい板チョコで作るのもありですよね。

中には、注意が必要なレシピもありますが、ちょっとポイントを押さえれば十分美味しいものが作れちゃいます。

一口にチョコレート、といっても実にたくさんの種類もありますし、奥が深いです。
板チョコでも、それぞれミルクやスイートの違いもわかれば、代用時に失敗しませんね。

Ponny
Ponny
代用時の気を付けるポイントも、細かいですが参考にして美味しいチョコレート系スイーツを作っていただけたら嬉しいです。